画像

就労継続支援A型とは

「労働者」として働きながら一般企業を目指す為のサービスです。

企業に就労することが困難な障害のある方に知識および能力の向上のために必要な訓練を行います。
このサービスを通じて一般企業への就労を目指します。
雇用契約を結び活動をしていただきますので給料も保証され、雇用保険の加入もあります。

ぽん酢工房ってどんなお仕事をするの?

◆ぽん酢工房はその名の通りぽん酢を作る事業所です。しかしただのポン酢ではありません。保存料、着色料、化学調味料を一切使わない本物の美味しいポン酢を作ります。
ポン酢を作る工程にはラベル貼りやキャップ閉じ、箱詰め、瓶詰め、発送などたくさんの工程があります。当事業所では利用者さん一人一人に合った仕事が提供できるようになっております。「自分には無理じゃないかな? 」と思う方でもまずはお気軽に見学や相談に訪れてください。

対象者

  • ○利用開始時18歳以上65歳未満の方
  • ○働きたいという意欲をお持ちの方
  • ○雇用契約による勤務が可能な方

例えば

  • ◆就労継続支援B型事業所を利用したが、ご自分のスキルアップを目指したいという方。
  • ◆就労移行支援を利用したが企業就労に結びつかなかった方
  • ◆企業就労していたが離職してしまった方
  • ◆特別支援学校卒業生で就職活動したが企業就労に結びつかなかった方

※就労継続支援A型事業所を利用するには、原則として『障がい者手帳』、『療育手帳(愛の手帳など)』、『特定疾患医療受給者証』などが必要になります。
※市区町村の保健福祉課などへの申請も必要となります。
※申請には専門の用紙への記入や医師の診断書が必要になるケースもあります。
※地区により行政機関の受付の課や手続きが異なります。
※医療券が必要な場合もあります。(詳細はお住まいの地区の役所、支援施設、事業所などにご相談ください)

A型とB型との比較

比較

就労継続支援には「A型」と、「B型」があります。
何が違うかと言えば、雇用契約を”結ぶ”のか”結ばない”のか、で大きく変わります。
利用者の方と雇用契約を”結ぶ”A型は、最低賃金が保障され、労災・雇用保険の加入ができます。
それに対し”結ばない”「B型」は最低賃金の保障はなく、 行った作業に対して工賃として賃金が支払われます。
A型事業の対象は「通常の事業所で雇用されることは困難だが、雇用契約に基づく就労が可能な方」であり、B型事業の対象は「通常の事業所で雇用されることは困難で、雇用契約に基づく就労も困難な方」ということになります。

リンク